オフィスにおいて会議室は重要な意思決定を行う場であるとともに、応接間として会社の顔にもなるので重要です。

オフィスにおける会議室の大切な役割
オフィスにおける会議室の大切な役割

オフィスにおける会議室の重要性

オフィスに会議室は必需品です。私の勤めている会社では会議室が応接間も兼務しています。もともとオフィスの机のあるスペースの一角に会議室兼応接間を兼ねたテーブルがあったのですが、それを移動して別の場所にスペースを設けました。リフォームの会社に勤務しているのですが、元々荷物置き場として活用していたスペースに間仕切りや壁を新設しました。リフォームの会社ということもあって、ドアの取り付けから、照明器具の設置、さらにはエアコンと照明の配線まで全て自社内で行ってしまいました。また、床を底上げして、一段上がった状態に施すことで、靴を脱いで上がれるスペースを確保しました。窓にブラインドまで取り付けて、全て自社内だけで応接間の工事をしてしまいました。普通だったら数十万単位の費用がかかると思われる所を、自社内だけで全て行ったので恐らく費用は、材料費の10数万弱だけで工事できたのではないでしょうか。エアコンも取り付けてありますし、壁紙も量産品ではなく、1000番台の物を使用していますので、本格的なものです。これで換気扇もついていれば、完璧なつくりになっています。

というのは、応接室というのは来客を迎える場であり、会社の顔というべき場所になります。応接室の印象でその会社の印象が決まるといっても過言ではありません。そのため、今回の応接室の改装工事では壁紙も量産品ではなく、それなりの価格のするもの。床はフローリングではなくクッションフロアですが、在庫で余っているものを利用するのではなく、色合いに合ったものを選んで新規に発注しました。クロス張りの工事も自社で一応、クロスを張れる、職人をかかえてはいるのですが、外注の専門業者に依頼してクロスを張りました。やはり、専門業者に張ってもらうと仕上がりもきれいなようです。オフィスにおいて会議室は、重要な意思決定を行う場であり、重要なものとともに、小さな会社では応接間の役割も果たします。そのため、今回の改装工事では多少の金銭がかかっても、仕上がりがよい方を選びました。

RECOMMEND

Copyright (C)2017オフィスにおける会議室の大切な役割.All rights reserved.