オフィスの会議室というのは各企業によって、様々です。其々の企業で会議の考え方がでて面白いです。

オフィスにおける会議室の大切な役割

オフィスの会議室いろいろ

オフィスにおいて、自分のデスクのつぎに大切な場所といえば、会議室ではないでしょうか?どんな会社にも、1つくらいは会議室があるものです。大体の場合、会議室をみると、その会社の大体がわかる、気がします。例えば、大きな会議室1つしかない会社だと、「きっとここでいつも会社の大きな会議を行っているんだろうなぁ」と察したり、非常に小さな会議室に通されたりすると、「きっとここは人事の面接などに使用しているのかな?」と想像したりします。また、ちょっと気の利いた家具などがあるのをみると、「ここはきっとお客様を専用に通す会議室なのだろうな?」なんて思ったりします。会議室の空間というのは、広くてゆったりしていれば、のびのびとした考えが浮かび、狭くて静かだと、集中した議論を行う事ができます。大きくても、小さくても、その会議の参加者のニーズに応じて、会議室を手配するのが暗黙のポイントになっているのではないか、と思います。

オフィスの会議室では空間の大きさも大切なポイントですが、もう一つ重要なのが、家具だと思います。座り心地のよい椅子を用意するオフィスもあれば、座って会議をすると、だらだら長引いてしまうので、止まり木のようなテーブルで、立って会議をします、という先進的な会社もあります。立って会議をするというのは参加者にしてみたら、ちょっと大変ですが、家具を買わないで済む点や会議が早く終わる、という点ではちょっとメリットがあるのかもしれません。

RECOMMEND

Copyright (C)2017オフィスにおける会議室の大切な役割.All rights reserved.